KOBE TOUBU CHURCH
 
 
 

첫페이지>설교와 기도>설교


TOTAL ARTICLE : 653, TOTAL PAGE : 1 / 33
何のために生きるか (使徒1:6-11)
| 2006·12·27 17:49 | HIT : 2,049 | VOTE : 396
何のために生きるか 使徒1:6~11

イエス様に付き従っていた12弟子たちにもひとつの夢がありました。それは彼らの祖国であるイスラエルがローマの圧制から解放される夢でした。この時、パレスチナ地域にある若い人が登場し、人々はその方に政治的なメシヤの期待をかけました。“あのイエスなら、天のメッセージを伝え、奇跡と力ある業を行っているあの方ならば、助ェにわが民族をローマの圧制から解放することができるでしょう。”
これが弟子たちの夢見ていることでした。ところで、その政治的なメシヤがある日むなしく庶嚔ヒで死んでしまいます。イエスが死んだ日は、弟子たちにとっては、彼らの夢が消えてしまった日でした。
ところで、この散らされた弟子たちの間にひとつの知らせが広がっていました。それはイエスが生き返られたという知らせです。そして弟子が一人、また一人と生き返られたイエス様に出会い始めました。故郷に散らされていた弟子たちは再びエルサレムに集まり始め、イエス・キリストのために命をささげると言い、再び起き上がってその方に付き従い始めました。イエスが復活されたとき弟子たちには本当に心配なことが一つありました。弟子たちのうちの一人がイエス様に尋ねます。6節です。“弟子たちが集まった時に尋ねて言った。主がイスラエルの国を回復なさるのはこの時ですか”この話は、“そうであるならば先生、死を破って立ち上がられたあなたが、その驚くべき権狽ニ力によって私たちの祖国をローマから解放される日が今や来たのですか”と聞いていたのです。
しかし、イエス様の夢は弟子たちの夢とは異なっていました。弟子たちはイスラエル民族の回復という夢を見ていましたが、主はそれよりももっと大きな夢を持っておられました。それは神の国の夢でした。この世のすべての人たちが神の国に入って行くことがその方の願っておられることでした。
そして、そのイエス様が8節のみ言葉を下さいました。
あなた方の上に聖霊が降ると、あなた方は力を受ける。そして、エルサレムばかりでなく、ユダヤとサマリアの全土で、また、地の果てに至るまで、私の証人となる。
  
653  悔い改めと信仰の決断(ローマ2:1-11)
 何のために生きるか (使徒1:6-11)
651  春のリバイバル集会1(20130503)
650  春のリバイバル集会 4(20130505-2)
649  春のリバイバル集会 3(20130505-1)
648  春のリバイバル集会 2(20130504)
647  天の主を見上げよう
646  主に向かって叫ぶと 詩107:23-30
645  日時:2007年4月22日

題目:御言葉を信じる生活

聖書:ヨハネ4:43-54
644  日時:2007年5月27日

題目:神様の赦しを信じる生き方

聖書:ヨハネ5:24-2
643  日時:2007年5月20日

題目:베데스다에서 생긴 일

聖書:요5:1-13
642  日時:2007年06月03日

題目:예수님에 대한 증언

聖書:요5:31-40
641  日時:2007年05月13日

題目:あなたの父母を敬え/네 부모를 공경하라

聖書:出20:12-17
640  日時:2007年 04月 15日

題目:보고 들은 것의 증인

聖書:행 22:6-15
639  日時:2007年 04月 08日

題目:復活を確信する教会

聖書:コリント(Ⅰ) 15:12-20
1
638  日時:2007年 04月 08日

題目:復活を信じる教会[説教要約文]

聖書:コリント(Ⅰ) 15:12-20
637  日時:2007年 04月 01日

題目:십자가에 달리신 예수님

聖書:요19:17-30
636  日時:2007年 04月 01日

題目:十字架に付けられたイエス[説教要約文]

聖書:ヨハネ 19:17-30
635  日時:2007年 03月 25日

題目:主に出会った者の関心

聖書:ヨハネ 4:1-26
634  日時:2007年 03月 18日

題目:믿음과 은혜

聖書:요3:1-15
1
1234567891033
Copyright 1999-2020 Zeroboard / skin by GGAMBO