ホーム>養育システム

 

WFBSとは?

ビジョンを成し遂げるために、神戸東部教会はWFBSという養育システムを運営しています。(ビジョンの過程)

 ① WINは一人の魂をこの世から救うことを言います。
 ② FIXは一人の魂が教会に定着することが出来るように助ける過程です。
 ③ BUILDは教会に定着した者を働き人として建てる過程です。
 ④ SENDは働き人をそれぞれの働きのチームに送り、キリストの体とこの世に仕えさせる過程です。
 




各過程がうまく連結しています。この養育システムはビジョンの過程です。
 



WIN(1段階) - WINは養育システム第1段階です(出会い)

たとえ、ひとりの人が教会に来たと言っても、彼はまだ神について、イエス様について聖霊様に
ついてよく分からない場合が多いです。このような人に教会が信じている聖三位の神を紹介して
出会うことが出来るように助ける過程です。
 

この過程には新しい家族の聖書勉強があります。



 



FIX(2段階) - FIXは養育システムの第2段階です(基本訓練)

新しい家族の聖書勉強を通して信仰告白をした信徒のために、教会に定着することが出来るように助ける過程です。
 

この過程には一対一聖書勉強があります。


段階を終えて、一般的には次の3段階で養育を受けるようになるが、受けた恵みにより
段階を終えて直ぐに小グループの働きをすることができます。
 



BUILD(3段階) - BUILDは養育システム第3段階です(集中訓練)

信徒が家庭で、教会で、そして社会で良い働き人になるように助けてあげ、てる過程です

この過程には新しい家族の養育者学校、一対一養育者学校、伝道訓練学校、取成しの祈り学校聖書通読学校、区域リーダー 聖書勉強、特別講義などがあります。
 

SEND(4段階) - SENDは養育システム第4段階です(現場)

2段階または3段階までの養育を終えた信徒が、受けた賜物の通りに教会で働くことが出来るように助ける過程です。

この過程は現場の働きでなされます。養育と訓練を通して準備された人たちの働きであるから良い実を期待することが出来ます。

働きの分野は日曜学校の働き、聖歌隊の働き、食堂奉仕の働き、社会奉仕の働き、一対一教師の働き,伝道小 グループの働き、執成しの祈りの集い、新しい家族の働き、区域の働き、Vision Tripと短期宣教などがあります。